80' s Web
今月の人 東京エイティーズ ショッピング ドラマ 80年代メモリーズ 80年代音楽 ヘルプ
木村さん



今月の人- 一覧 -
05年03月:長江俊和さん
05年02月:中谷彰宏さん
05年01月:泉麻人さん
04年12月:南さん
04年11月:木村和久さん
04年10月:成田勝さん




1959年生まれ。明治学院大学卒業後、コラムニストになる。トレンドウォッチャーの先駆け的存在として80年代から多くの雑誌でコラムを執筆。現在は「SPA!」「月刊宝島」「日経ヘルス」など月35本の連載を抱え、ラジオのパーソナリティーとしても活躍中。著書に「平成ノ歩キ方-時代がよくわかる」(小学館)「キャバクラの歩き方」(扶桑社)など。

■80Sグラフティ VOL1
「ボクが大学に入学したのが1980年。田中康夫の『なんとなくクリスタル』がでた年で、ラジカセで大滝詠一の『ロングバケーション』を聴いて。80年代の文化や『東京エイティーズ』はど真ん中の世代です。新島も与論島も行ってナンパもしたし、ファーラーのパンツはいて偽サーファーもやったしね。六本木が一般人に開放されたのも80年頃から。それまでは大使館関係者とか『六本木野獣会』みたいな一部の芸能人だけが遊ぶ街だったからね。80年代の消費文化の先鋭だったのは、ボクら40代だったと思うし、今の文化の大きな枠組みができたのも80年代だったと思う。おいしい思いもしたし、夢を持ってポジティブに生きることも知っている。自分が信じればプラスに動くはず、ってね。若い子達は『景気いいってどういうこと?』って、その感覚知らないでしょ?でも今、その40代が社会の中枢になってきて、もうちょっとがんばろう!ってムードになっている。失われた90年代よりは、時代は良くなっていると思いますよ」
[PR]
by eighties_003 | 2004-10-28 20:28

<< ■80Sグラフティ VOL.2 ■80s裏話 VOL.4 >>
(C) Copyright 2004 SKY Perfect Communications Inc. All Rights Reserved.